炭酸水には摂食中枢の働きを活発にする働きがあります。
炭酸水が胃腸の粘膜を刺激すると胃腸の血行がよくなり、食欲が抑える効果がもたらされます。
さらに、入浴の前に炭酸水を飲んでおくと新陳代謝がよくなり、肌の調子も良くなります。
炭酸水は胃の働きを活発にするので、寝る前に飲んでおけば、お通じをよくする効果もありますが、逆にスパークリングワインとかビールなどのアルコールを飲めば、食欲が出てきます。
このように炭酸水だけを飲めば満腹になりますが、アルコールや糖分を加えると空腹をおぼえます。
炭酸水に含まれる炭酸ガスは、摂食中枢を刺激して活発にするので、食欲を抑えることができます。
ただ、注意したいのは、甘味料が加わった清涼飲料水では、糖分が吸収されるので同じ効果は期待できません。
ですから、甘味料を含まない無糖の清涼飲料水がおすすめです。
間食や過食を控えたい方は、食べる時に炭酸水を飲むのも効果的です。
ノーカロリーで無糖の清涼飲料水なら問題ありませんが、食用の重曹を水に溶かして炭酸水を作ることもできます。
ただ、食用の重曹に含まれるナトリウムの摂取量は1日5グラム以内にしましょう。
最近は、チューハイやウィスキーの水割りに使う無糖系炭酸水も販売されているので、簡単に手に入るようになりました。
炭酸ガスが苦手な方は、レモンなどで酸味をつければ、飲みやすくなるかも知れません。
炭酸ガスは、脂肪をエネルギーする働きがあるので、食欲を抑えるだけでなくダイエットにも効果があります。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!