脳の働きを活発にするセロトニンには、神経をリラックスさせる働きがあります。特に食欲を抑える舌下スプレー「3F」は、セロトニンを作る効果あるといわれています。セロトニンが少なくなると、神経過敏になったりストレスを感じたりします。


精神的に不安定になると摂食中枢の働きが悪くなるので、いつも空腹感を覚えて過食気味になる恐れがあります。食欲を抑えるには、精神的な安定も必要になるので、舌下スプレー「3F」を取り入れてみましょう。
この舌下スプレー「3F」は、お腹が空いた時に3プッシュして使います。爽やかな柑橘系の味覚がするので、自然に食欲が抑えられ、食べすぎを防ぐことができます。最近は、美容外科や美容クリニックでもダイエットに利用するようになっています。
特にリバウンドが心配な方は、舌下スプレー「3F」を利用しましょう。セロトニンの生成を助けて摂食中枢の働きを活発にしてくれるので、食欲を抑えることができます。
さらに、普通の生活でセロトニンを生成することができます。もともと、人の脳には、セロトニンがあるので、簡単な首回し運動でも生成を助けることができます。目の疲れや肩こりがひどくなると、脳のセロトニンが減少するので、空腹を覚えることが多くなります。疲れを感じたら軽いストレッチをしましょう。
その他、はちみつ入りのホットミルクを飲んだり、アロマ系の香りをかいだりして、リラックスするのもセラトニンの生成に効果があります。舌下スプレー「3F」だけでなく日頃の生活でストレスを溜めないようにすることが大切です。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!