食事中にしっかり噛めば、空腹を満たすことができます。これは、満腹中枢を刺激するヒスタミンの量が関係しています。余り噛まずに早食いをすると、ヒスタミンが少なくなるので、ますます食欲を抑えることができなくなります。


ですから、ゆっくり噛んで、味わいながら食事をすれば、ヒスタミンの量が増えて、食欲が抑えられます。体脂肪を減らしたい方は、早食いを止めて、しっかり噛むようにしましょう。
一般的に、肥満気味の方は食事に時間が短く、余り噛んでいないようです。空腹感を満たすためにたくさん食べるのではなく、よく噛むことでヒスタミンの量を増やす必要があります。さらに、唾液が分泌されるので胃腸が活発になり、血糖値が上がる効果もあります。
体内の血糖値が上昇すると、摂食中枢が刺激されるので空腹感がなくなり、食欲を抑えることができるので、食べ過ぎをなくす効果があります。ダイエットが上手く行かないと悩んでいる方は、よく噛む習慣を身に付けましょう。
また、柔らかい食材よりも、噛みながら消化する低カロリーの食材を選んだ方がいいです。特に繊維質の海藻や野菜類がおすすめです。よく噛むことで、唾液の分泌が増加するので、口の中の乾燥を防ぐこともできるので、虫歯や口内炎、歯肉病などを予防する効果も期待されます。
食事の時によく噛むことは、食欲を抑える効果があるだけでなく唾液と一緒に成長ホルモンが分泌されるので、アンチエイジング効果も期待できます。毎食、多くても40回は噛むようにしましょう。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!