女性は生理の周期に入ると食欲が抑えることができなくなったり、甘味料を多く取りすぎたりする傾向があります。生理中にに体重が増えて困ると言う方は、生理前の過食が原因かもしれません。生理前に食欲を抑えれば、ダイエットにも効果があります。


女性ホルモンには「プロゲステロン」と「エストロゲン」があります。どちらも妊娠ホルモンですが、生理の周期に入ると「プロゲステロン」の方が先に分泌され、生理中は「エストロゲン」の方が分泌されるようになります。
最初に分泌される「プロゲステロン」が増えて血糖値が下がると、自律神経の働きが悪くなり、ぶどう糖が激減して体調不良を引き起こすこともあります。生理前は神経過敏になったりイライラすることがありますが、同時に摂食中枢が活発になって食欲を抑えることができなくなります。
とにかく血糖値の低下を防ぐことが大切ですから、炭水化物を適宜に摂るようにしましょう。炭水化物は血糖値を一定の水準に保つ働きがあるので、ダイエット効果を期待して、パンやご飯などを食べないのはよくありません。
生理前と生理中は女性ホルモンの分泌が活発になるので食欲を抑える必要があります。そのためには、ぶどう糖を多く摂取する必要があります。甘い物を食べたい時は、果物を食べるようにすれば、ぶどう糖の補給になります。
その他、リラックス効果のある香りや音楽を楽しんだり、ウォーキングや軽いストレッチで体を動かせば、精神的にも安定するので空腹感を感じなくなります。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!