空腹を感じてしまう香りや匂いがあると言われますが、カレーの匂いや香ばしい香りが嫌いと言う人は少ないのではないでしょうか。これは、香りや匂いに左右される摂食中枢の働きで食欲が抑えられなくなるからです。それとは対照的に、誰でも嫌な臭いをかいでしまうと、空腹感を感じるどころか、気持ちがわるくなります。


空腹感を解消するためには、体内のアミノ酸ペプチドを増やす必要があります。そこで香りや匂いの働きを使って食欲を抑える方法が注目されています。シソ科のバチェリーやシダーウッド又はサンダルウッドなどの木の香りは、気分を安定させてストレスを解消するので、食欲を抑える働きがあります。
その他、柑橘系のオレンジやグレープフルーツは爽やかな香りがしますが、空腹感を解消する働きがあります。爽やかな柑橘系の香りをかぐと交感神経が刺激されて、新陳代謝が活発になり血流が良くなるからです。
その他、ハーブ系のフェンネルの香りにも、デトックスやダイエットの効果がありますが、食欲を抑えるだけでなく、女性特有の悩みになる月経痛とか更年期障害の症状を軽減すると言われます。フェンネルの香りは、体脂肪を減らしたい方やセルライトを取りたい方におすすめです。
過食気味の方は、デトックスやダイエット効果のある香りや匂いを上手に利用してみましょう。アロマポットを温めて部屋中に香りを漂わせたり、衣類やハンカチなどに香りを付けて楽むこともできます。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!