夜中まで起きていると、つい何か食べてしまって、知らず知らずのうちに脂肪の付きやすい体質になります。深夜も脳を活発に動かしていると、摂食中枢が活発に働いて空腹感を覚えてしまいます。結局、食欲を抑えることができなくなって過食してしまい、肥満になってしまいます。


夜更かしばかりしていると、お腹が空くのは、摂食中枢のレプチンが少なくなるので、空腹感が強くなってしまいます。それに伴って、グレリンが増えるので、食欲を抑えることができなくなります。
睡眠不足は、精神的にも悪い影響を与えてしまいます。特に、ストレスホルモンの増加で情緒不安定になり、怒りっぽくなったり、集中力も低下してしまいます。さらに、セロトニンが少なくなるので、精神状態まで悪化してしまうことがあります。
夜更かしを続けていると、いつも空腹を覚えて食欲を抑えられなくなり、過食気味になって行きます。ですから、精神の安定に影響を与えるセロトニンを増やす必要があります。セロトニンは脳神経に作用するアミノ酸に挙げられていますが、肉や魚、乳製品などの食品から摂取することができます。
このセロトニンを体内に増やせば、食欲を抑えることができるので、食べ過ぎて肥満になったりしないでしょう。日頃から戸外で運動をしたり、好みの音楽や香りを楽しだり、リラックスすることが大切です。
夜遅くまで仕事をすることが多い方は、脳がストレスを感じているので、リラックスすることが大切です。体内のセロトニンを増やせば、脳が活性化するので、食べ過ぎたりしないでしょう。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!