お酒が好きな方も多いでしょう。毎日30ml以内のアルコールなら血流を良くする効果があり健康の面でも害にならないし、リラックス効果があると言われています。ですが、アルコールの度数が15%を超えてしまうと、胃液が盛んに分泌されるようになり、食欲を抑えることができなくなります。


ですから、お酒ばかり飲んでいると、胃液が増えて空腹になり過食をしてしまうことになります。お酒を飲んでいると、喉の渇と食欲を抑えることができなくなりますので、盛んに食べてさらにお酒を飲んでしまいます。中でも、胃液の量を増やすのが炭酸ガスとかホップを含んだお酒です。
お酒を飲み過ぎるとカロリーの摂取だけでなく、肝臓への負担も心配です。できるだけ低カロリーの軽食を一緒に食べるようにしましょう。お酒が好きな方は、塩分や油分の多い食事をしないように注意する必要があります。
体脂肪を減らしたい方は、できるだけアルコールを控えた方が安心ですが、飲みたい時は、お酒を200カロリー程度、軽食を400カロリー以内にしておきましょう。とにかくお酒を飲むと、誰でも食欲を抑えることができなくなるので、過食をしないことが大切です。
ナッツ類ならビタミンやミネラル、アミノ酸などを摂取することができるので、お酒を飲んだ後にコレステロールを少なくする効果があります。アルコールを飲んだ後にナッツ類をたべるのもおすすめです。ただ、ナッツ類は高カロリー食品ですから、体脂肪が気になる方は、少し控えた方がいいでしょう。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!