料理を美味しく食べるためには、見かけも大切です。特に視覚から美味しそうと感じれば、食が進んでしまいます。逆にまずそうと感じれば、食欲を抑える作用が出てしまいます。それだけ、食に関する味覚は視覚から判断することが多いのです。


特に色は料理の味を良くも悪くもすることがわかっています。何も見えないところで好きなものを食べても、あまり美味しく感じません。これは、見た目でも美味しさを感じることがあるからです。
摂食中枢を刺激する赤、オレンジ、黄色などは、食が進む色といわれているので、テーブルコーディネートでは、食卓のまわりや照明を暖色系でまとめることが多いようです。赤系統は、空腹感を覚える色として飲食業界でも注目されています。
ところがダイエットをしている場合、暖色系でまとめると食欲を抑えることができなくなって過食気味になる恐れがあります。ですから、寒色系の色でまとめてみるといいでしょう。おすすめの色は青、紫、黒、グレーなどです。
食欲を抑える効果のある青色ダイエットめがねをご存知でしょうか。このめがねをかけると、食卓が青く見えるので、自然に空腹感がなくなります。精神を落ち着かせるので、食べたいという気持ちが消されてしまうからです。青色の他に紫や黄緑にも同じような効果があるといわれています。
ダイエットを考えている方は、キッチンや食卓の色を寒色系でまとめてみてはいかがでしょうか。視覚の効果で食欲が抑えられ、間食や過食をなくすことができます。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!