発汗作用を高め汗をかくことは健康に良い状態といえますが、汗腺を必要以上に活性化させることで多汗症などの病気にならないか不安に感じる方もいるでしょう。ですが結論からいうと、発汗作用をどれだけ高めたとしても多汗症などの病気になることはありません。


そもそも多汗症という病気は、何もしていない状態でも汗が止まらないといった病気のことです。多汗症では、体を動かさずに静かにしている状態であっても汗が出ますので、通常の発汗作用とはメカニズム自体が異なるのです。
原因としては、交感神経の失調やバランスの乱れだとされていますので、多汗症の症状がある場合は、病院に行って適切な治療を受ける必要があります。また、自律神経に異常がある場合は発汗作用にも異常をきたし、汗が全く出なくなるといった症状もみられます。
例えば、体半分だけ汗をかかないといったような症状がある場合は、自律神経の異常が原因の可能性がありますので、すぐに病院で診てもらいましょう。他には、甲状腺機能に異常があると、むくみや寒気、脈の異常などの症状がみられ、発汗量が異常に少なくなったり多くなったりします。
そして、汗の病気でも不快な臭いを発するものとしては「色汗症」といった病気もあります。色汗症は、汗の色が茶色っぽい状態で、目や口の周辺や鼻の周り、ワキの下などから強い臭いの発汗がみられるといった症状が特徴です。こういった病気は、放置していても改善することはありませんので、気になる方は医師に相談して治療することをお勧めします。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!