わざわざ発汗作用を高めなくても普段から大量の汗をかく人もいれば、発汗作用を高める努力をしてもなかなか汗をかかないといった人もいるでしょう。このように、人それぞれ汗のかき方というのは違ってきます。


これは体質によるものだといえますが、発汗作用というのは遺伝しないものだとされています。というのも、温熱性や味覚性の発汗作用は、体温の上昇を抑えるために行われる一種の生理現象だといえるからです。
ただ、発汗作用そのものの遺伝はないとしても、汗腺の数の多さといったものは遺伝的な要素があるといわれています。また、顔に汗をかきやすい人、手のひらに汗をかきやすい人といった部分的に発汗作用が高いといった場合も、遺伝の可能性があるようです。
そして、体型によっても発汗作用が大きく異なるといった特徴があります。例えば、太っている人と痩せている人を比べてみるだけでも、発汗量が明らかに違うのが分かるでしょう。
これは、体内にある皮下脂肪が保温効果を高めることによって起こる現象で、太っている人の方が皮下脂肪が多いため発汗作用が高いという状態になっているのです。また、体内の血液量や体液量は、発汗作用と比例関係にあります。
ですから、体質の差によって発汗作用が異なるのは当然の現象だといえるわけです。そして、不快な臭いを発する汗が出るとされるアポクリン汗腺の数ですが、遺伝によって数の影響を受ける可能性があるとされています。このようなことから、ワキガなどの症状で悩んでいる方は、遺伝の可能性もあることを知っておきましょう。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!