発汗作用を高めるには、まず汗の出る仕組みを理解しておくことが大切です。汗は皮膚にある汗腺から出るものですが、その汗腺というのは皮膚の中で一番深い位置にあります。


また、汗腺というのは毛穴と同じ位置にあるイメージが強いでしょう。ですが汗腺と毛穴は別物ですので、知識として覚えておくようにしましょう。
そういったことから、例えば脱毛などを行ったとしても発汗作用に直接影響するといったことはありません。ただし、全く関係しないというわけではありませんので、ここでは発汗と脱毛の関係について少し考えてみることにしましょう。
まず、汗腺には「アポクリン汗腺」「エクリン汗腺」という二種類があり、このうちアポクリン汗腺は体内で毛穴とつながっています。そして、エクリン汗腺は体全体に分布しているのに対し、アポクリン汗腺はワキの下などの一部分にしか存在しません。
また、エクリン汗腺からは無臭の汗が出るのに対し、アポクリン汗腺からは尿素やアンモニア、脂肪、鉄分、蛍光物質などを含んだ汗が出ますので不快な臭いを放つことになります。ですから、ワキの下などのムダ毛はしっかりと処理しておくことによって、発汗作用が高まったとしても不快な汗の臭いを最小限に抑えることが出来るのです。
そして、ワキの下以外から出る汗は無臭だとはいえ、ムダ毛などがあるとそこに汗が溜まってしまい雑菌が繁殖してしまう場合もあります。そうなると、不快な臭いが発生してしまいますので、出来る限り脱毛などのムダ毛処理を行っておくことが大切だといえるのです。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!