発汗作用の違いによって汗の成分も変わってきますが、サラサラの汗の場合はほとんどが水分ですから、臭いもそれほど気になりません。では、汗の臭いが気になる状態というのは、どういった場合が考えられるのでしょうか。


まず、汗の臭いの原因とされているのが、尿素やアンモニア、乳酸といった体内で発生する毒素です。こういった毒素は、汗と一緒に体外に排出されますので、発汗作用が高まり汗をかく状態になると不快な臭いを発することがあるのです。
ただし、体外に排出される毒素は無制限に排出されるわけではありませんので、一定の汗をかいた後はキレイな汗が出るようになります。そのため、普段から発汗作用を高めて汗をかきやすい体質となっている人は、汗の臭いがほとんど気にならないといえるのです。
しかしながら、緊張時や不安時、また体調が悪い時などは、正常な発汗作用の人でもベタベタした嫌な汗が出ます。このようなベタベタした汗は、自然に蒸発しないため肌に残ってしまい臭いの原因となってしまいます。
ですから、こういった汗をかいた際には、ウェットシートなどで速やかに拭き取るか洗い流すようにしましょう。また下着や靴下なども、汗をかいたら着替えるようにすると良いでしょう。
外出時などはなかなか着替えることは困難ですが、汗取りパッドを利用したりするだけでも汗の臭いを効果的に抑えることが出来ますよ。なお、発汗作用を抑えようと制汗剤を多用する方もいますが、汗の臭いと混じることで逆に不快な臭いになる場合もありますので注意が必要です。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!