スポーツなどの運動によって健康的な汗をかくことは、肌に潤いを与え若返らせる効果があります。このようにスポーツなどでかく汗は、サラサラした気持ち良い汗ですが、塩分なども多少含まれているため運動後そのまま放置するのはお勧め出来ません。


また、緊張時や不安時、ストレスを感じた時などにかく汗は、水分以外にも塩分やミネラル成分が多く含まれているため、ベトベトした状態となります。ベトベトした汗というのは、放置していても自然には蒸発せず、汚れとなって肌の表面に残ってしまいます。
汗の成分が肌に残っている状態では、ニオイの原因や肌荒れの原因になってしまいますので、汗をかいた後はしっかりとケアしておくことが大切なのです。このように発汗作用の違いによっては、同じ汗とかくといっても成分が大きく違ってきます。
ですが、汗をかいた後のケアというのは同じですから、しっかりと拭きとったり洗い流したりした後、化粧水などをつけておくようにしましょう。また夏にかく汗などは、冷房の効いた部屋でクールダウンするといった方法より、自然に汗が引くのを待つといった方法が理想的です。
発汗作用が正常で、体温調節機能がしっかり働いている状態ならば自然に汗も引くでしょう。そして、メイクをしている状態での発汗の場合は、まずティッシュやコットンで汗をふき、その後化粧水を含ませたコットンで押さえるようにすると良いでしょう。なお、どうしても汗が止まらないといった方は、発汗作用の異常が考えられますので体質を改善することを考えてみましょう。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!