発汗作用を促してダイエットをしようと考える人の多くは、汗をかけばかくほど痩せられると思っているでしょう。このように、発汗作用を高めて汗を大量にかくと体重が落ちることは間違いありませんが、それは一時的なものにすぎません。


つまり、運動後に水分補給をすることで体重は元に戻ってしまうということです。しかしながら、体重が戻ってしまうといっても、全く効果が無いわけではありません。
では水分補給を増やし発汗作用を高めることには、どういった効果があるのか少し考えてみることにしましょう。まず、最も大きな効果としては、汗をかくことによって水分だけでなく体内の毒素も排出されることです。
慢性的な運動不足や、毎日エアコンの効いた部屋で過ごしていると、汗をかきにくい体になってしまいます。そうなると、本来汗と一緒に排出される水銀などの有害物質が体内に残ってしまうのです。
そして、この水銀という有害物質は脂肪やタンパク質と結合しやすいため、水銀が体内に留まることによって脂肪も燃焼されにくくなります。つまり、汗をかきにくい体というのは、痩せにくい体だともいえるわけです。
また、体内の代謝と発汗作用も密接な関係にあります。汗をかかない状態が続くと、代謝の働きもどんどん低下して血行不良になってしまいます。
血行不良の状態では脂肪燃焼効果も衰えますので、いくらダイエットを頑張っても努力が報われないのです。このようにダイエットを成功させるためには、まず汗をかきやすい体質に改善することが最も大切だということを覚えておきましょう。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!