食べ物の中でも特に発汗作用が高いものといえば、「唐辛子」を使った料理でしょう。唐辛子には主成分として「カプサイシン」という辛味成分が含まれています。


このカプサイシンは、体内に入ると熱を発する刺激となるため、非常に高い発汗作用があります。また、消化促進効果や血行促進効果、代謝の改善、夏バテ防止効果などが期待出来ます。
さらに、脂肪分解能力も高いことから、ダイエットにも効果がありますので、試してみてはいかがでしょうか。このように、非常に発汗作用が高い唐辛子は、世界中に様々な種類が存在します。
まず日本では「赤唐辛子」が一般的ですが、じんわりとした辛味が感じられる「ニューメキシコ・チリ」や四川料理でよく使われる「朝天辣」なども有名です。他には、タバスコに使われる「カイエン」、サルサソールに使われる「セラーノ」、世界一辛いとされる「ハバネロ」などがあります。
さらに赤くない唐辛子では、緑色の唐辛子「ハラペーニョ」、タイでは青い唐辛子の「プリッキーヌ」などがよく使われます。こういった唐辛子を使ったエスニック料理は世界各国にありますが、日本でも各国の料理が食べられますので発汗作用を高めたい人は是非食べてみましょう。
メキシコ料理ではサルサソースやトルティーヤと食べる「タコス」「エンチラーダ」「ナチョス」「ブリート」。タイ料理では「タイカレー」や「トムヤムクン」、韓国料理では「チヂミ」「キムチチゲ」「ユッケジャン」「トッポッキ」など様々な唐辛子料理があります。これらの料理を汗をかきながら食べるのも良いものですよ。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!