発汗作用を高めるためには水分補給が非常に重要ですが、水を飲んだからといってすぐに汗となって出てくるものではありません。通常の状態ならば、飲んだ水の多くは尿として排出されますから、発汗作用を高めるにはただ水を飲むだけではダメなのです。


健康に汗をかくためには、十分な水分補給と合わせて「温熱性発汗」や「味覚性発汗」といった発汗作用を同時に高めることが大切です。温熱性発汗というのは外気温の暑さやスポーツなどによって出る汗を指します。
一方、味覚性発汗というのは、辛い食べ物や熱い食べ物を食べた際に、体の内側から温まってかく汗のことを指します。これらの発汗作用は、体温が一定以上に上昇しないように調整する役割があるものです。
ですから、発汗作用の高い飲み物は「体を温める効果のある飲み物」ということになるわけです。では具体的にどういった飲み物が挙げられるのかというと、「葛湯」「しょうが湯」「しょうが紅茶」「卵酒」などが一般的です。
ただし、アルコールは発汗作用を弱めてしまいますので、卵酒はアルコール分を飛ばして飲むようにしましょう。また他には、「杜仲茶」「黒豆茶」「ブラックジンガー」などもお勧めの飲み物ですので、試してみてはいかがでしょうか。
そして、ハーブティーの場合は、「ミント」「ローズヒップ」「カモミール」「シナモン」「エルダーフラワー」などがお勧めです。また、夏場でも温かい飲み物を飲むことで発汗作用をより高めることが出来ますので、水分補給の際は温めて飲んでみるようにしましょう。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!