十分に水分を補給することと発汗作用の効果を高めることは、非常に密接な関係にあります。水分補給の際は、糖分やカフェインなどが多く含まれる飲み物は発汗作用を高める効果が薄いので、水や白湯、ほうじ茶、麦茶などを主に飲むようにすると良いでしょう。


そして、一日に必要な水分補給量は1.5リットル~2リットルだとされています。ですが、普段あまり水を飲まない人にとっては、一日2リットルという量は非常に多く感じるでしょう。
そこでここでは、効率良く水分摂取していくにはどういった形が良いのか、例を挙げながらみてみることにしましょう。まず、最初は朝起きてすぐにコップ一杯の水を飲みます。
就寝中というのは、非常に発汗作用が高く起床時は体の水分が不足している状態ですので、起きてすぐの水分補給は非常に有効なのです。次は、歯磨きや洗顔、着替えなどが終わり、メイクを始めようかというタイミングで水をコップ一杯飲みます。
そしてメイクが終わり朝食を摂りはじめたら、食事中から食後にかけてコップ一杯の水を飲みましょう。このように、食事の際に水を同時に飲むことは、消化吸収を助ける効果や食べ物を膨張させて少量でも満腹感が得られる効果などがあります。
そして、出勤前にコップ一杯の水を飲んでから家を出るようにします。同様に昼食時、夕食時にもコップ一杯の水を飲み、家に帰ってきてからは入浴前に一杯、就寝前に一杯の水を飲みます。これで一日におおよそ2リットルの水を飲む計算になりますので、発汗作用を高めたいという方は試してみてはいかがでしょうか。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!