水分補給を控えて汗をかくことを抑えるといった状態は、体の健康を考える上で決して良いことではありません。特にダイエット中の方は、水分を摂ることで体重が戻ってしまうのではないかと恐れ、水分補給を出来るだけしないという方もいらっしゃいます。


ですが、水分補給をしない状態を続けていても、ダイエットは決して成功しないことを知っておきましょう。私たちの体というのは、発汗作用があることでバランスが保たれています。
そして十分な発汗作用は、十分な水分補給が行われることが必要条件ですから、水分補給を怠ると当然発汗作用の異常が発生することになります。この異常によって「汗をかきにくい体」になってしまいますので、人間が生きていくために必要不可欠だとされる体温調節さえ出来なくなるのです。
また、汗の成分は99%が水分だとされていますが、残りの1%には「体内毒素」というものが含まれています。体内毒素には「アンモニア」「尿素」「有害金属」「乳酸」などが挙げられますが、これらの有害物質は通常汗と共に体外へ排出されます。
しかし、水分補給をしないことで汗腺が機能しない状態になってしまうと、こういった毒素も排出出来なくなるのです。そして、一度機能しなくなった発汗作用は、再び活性化するのが非常に困難だとされています。
ですから、普段から十分な水分を補給しておくことは非常に大切だといえるのです。目安としては一日1.5~2.5リットルの水分補給が必要ですから、健康な体を維持するためにも意識しながらしっかりと摂るよう心がけましょう。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!