汗をかくといっても、スポーツで爽快な汗をかく場合もあれば緊張時などに不快な汗をかく場合もありますよね。このように、状況によってかく汗の質というのは変わってくるものですが、それぞれどういった違いがあるのかここで少し考えてみましょう。


まず人間の汗の発汗作用には、大きく2つの役割があるとされています。それは、「外気熱によって体温が上昇するのを抑える役割」と「代謝によって体内で発生する熱を体外に放出する役割」です。
こういった役割があることから、夏の気温が高い時期やスポーツなどで代謝が活発になった際に発汗作用が起こり、汗をかくという状態になるのです。私たちの体は体温を36~37度に保っておく必要がありますから、汗をかきながら常に体温を調節しています。
このように体温調節を行う際にかく汗は成分の99%が水分となっていますので、ベトベトしていないサラッとした汗といった特徴があります。一方、緊張時や不安などのストレスを感じた時にかく汗には、水分以外にもナトリウムやミネラルなどが多く含まれています。
ですから、ベタベタとした汗となり長時間皮膚にまとわりつくため、雑菌が繁殖して不快な臭いを放出するようになるのです。また、これら以外の発汗作用ではカレーやキムチなどの辛い料理を食べた際にかく汗があります。
この時の汗は、体温調節の際にかくサラッとした汗とほぼ同じ成分だといわれています。なお医学的な専門用語では、それぞれ「温熱性発汗」「精神的発汗」「味覚性発汗」とよばれていますので、覚えておくと良いでしょう。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!