引き締まった二の腕で、美しくなりたい方も多くいるでしょう。その願いは、筋トレで引き締めることによって叶えることができます。そもそも、どうして太くなってしまうのでしょうか。


二の腕には二種類の筋肉があります。触ってみると分かると思いますが、内側の方が柔らかいですよね。
内側には上腕三頭筋と言うゆっくりとした動作に使う筋肉がついています。扉を静かに押しあける時や、荷物を音を立てずに置く時に使う筋肉です。
外側の筋肉は、荷物をさっと持ち上げたり、物を寄せるために引っ張ったりするために使う上腕二頭筋がついています。内側とは反対に素早い動きに使う筋肉なのです。普段生活をしている中では、こうした動きの方が多いため、外側の筋肉を多く使い、内側の筋肉を使う事があまりありません。
そのため次第に内側の筋肉が弱くなってきて、ぷよんぷよんとたるみがでてしまうのです。ですから、引き締められたスリムな腕になるためには、筋トレをすることで、上腕三頭筋を鍛えなくてはならない、ということになります。
二の腕を引き締めるトレーニングとして人気があるものに、ダンベル体操やヨガ、ストレッチといったものがあり、どれも比較的ゆっくりした動きでありながら効果的に筋肉に作用します。たるみのないスリムな二の腕のためには、毎日意識的に腕を動かすことがポイントです。
地道な努力をすることで、夏に袖のない洋服を切ることに抵抗を感じなくなれるのです。しかし、急に無理なエクササイズをしたり、重量のあるダンベルを使ったりしては筋肉に負担をかけ、長続きさせることができません。まずは軽い運動から始めてステップアップして行くのが良いでしょう。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!