スリムなボディを目指す方には、とても有効的と言われているダンベル体操は、二の腕を引き締める筋トレとしてもオススメです。ダンベル体操をすることにより、日常生活では使われることがめったにない内側の筋肉を動かすことで、脂肪が燃えて、スリムな二の腕になるのです。


高い引き締め効果が得られるダンベル体操を行うことで、筋肉量も増えます。それにより、新陳代謝も活発になりますので、痩せ体質へと変化して行き、より体が引き締められるようになって来るのです。
では、実際にどのようにダンベル体操を行えばよいのでしょうか。両足をひらいてまっすぐ立ち、両手にダンベルを持って上に腕を伸ばします。そして、ゆっくり二の腕の筋肉を意識して、息を吸いながら肘を曲げて、手を後頭部までおろしてきます。
肘が下がらないように意識して、ダンベルが後頭部まできたら、ゆっくりと上に持ち上げます。このときは息を吐きながら行います。この動作を1セットとして10回繰り返してください。これを1日3度行うと、徐々に腕が引き締められていくのです。
効果を期待して、重すぎるダンベルを使うと筋肉に負担がかかり、筋肉を痛めてしまいます。結果として長続きさせることができませんので、自分の力に適した重さのダンベルを使うことが大切です。また、初めから無理をしないように、回数よりも安全に、的確に行うことを意識して行いましょう。
筋肉痛とは別の痛みを感じたときには、筋を痛めているかもしれませんので、ただちに運動を休止しましょう。スリムな腕をめざして、ダンベル体操をただしいフォームで継続して行いましょう。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!