太り気味の人の中には、お酒が原因で太ってしまったと考えている人が少なくありませんが、これは事実とは少し異なります。と言うのも、お酒そのもののカロリーはそれほど高くないからです。もちろん、お酒によっては高カロリーのものもありますし、脂肪になりやすい成分を含むお酒もありますが、お酒だけを飲んでいた場合、そこまで太ってしまうことはないはずです。


では、お酒が太る原因だと考えられる理由はなぜでしょうか。答えはおつまみです。お酒を飲む時、多くの人はおつまみを一緒に食べていますが、これが太る原因となっているわけです。お酒をやめられないからダイエットが成功させられないと考えている人は、飲酒中のおつまみに気をつけることで、ダイエットを成功に導くことが可能です。
お酒を飲むと食欲が増進されることから、飲酒がダイエット成功の妨げになることは確かです。しかし、おつまみの種類を野菜スティックや枝豆にするなど、カロリーが少なくさっぱりしたものに変えることで、飲酒による太り過ぎを防ぐことができます。
また、飲酒後にラーメンや丼ものなど、こってりした食事を食べる習慣はないでしょうか。これは言うまでもなくダイエットの大敵です。
特にこれらの夜食は食べてから寝るまでの時間も短いため、脂肪になりやすいと考えられます。こういった習慣がある人は、まずこの習慣を改めるのが第1です。
お酒を無理にやめることで、かえってストレスを抱えてしまうようではダイエットにも良くありません。上手なおつまみの摂り方を心がけることで、お酒をやめずにダイエットを成功させましょう。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!