食べ過ぎや早食いはダイエットの大敵です。ダイエットの成功は、食事制限なくしてはあり得ません。これまで本能のままに食べてきた人が一念発起してダイエットを始める場合、まず食べ方から改めなければ成功には至らないでしょう。


肥満の原因の多くは、食べ過ぎにあります。そもそも肥満は、摂取エネルギーが消費エネルギーを大きく上回ることで引き起こされますから、食べ過ぎていないのに肥満になることはほとんどありません。食べ過ぎる原因はいくつかありますが、中でも早食いが肥満体型の人に多く見られる特徴と言えるでしょう。
早食いがなぜ食べ過ぎを引き起こすのかと言うと、脳の満腹中枢が作動するより早く食べ物を口に入れてしまうためです。満腹中枢が満腹感を感知するのは、食べてすぐではなく少し時間がたってからです。そのため、早食いをすると、実際は十分な量を食べているにもかかわらず、それに気づかずに食べ過ぎてしまうというわけです。
早食いによる食べ過ぎを防止するには、よく噛むことが効果的です。よく噛むことで食事のスピードを落とすことができますし、食材の味をじっくりと味わうことができます。味覚が満たされると自然と満足感も得られますから、早食いを防ぐと共に食事による満足感も得られるようになります。
また食器の選び方で食べ過ぎを防ぐこともできます。小さめの小鉢に細かく料理を取り分け、それ以上は食べないようにすれば、食べる量をコントロールしやすくなります。食べ過ぎを上手に防げるようになれば、ダイエットの成功に繋がるでしょう。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!