ダイエット成功の重要なカギとなるのが、基礎代謝量です。基礎代謝量とは、生きているだけで消費されるエネルギー量のことですが、この基礎代謝量は人によって異なります。太りやすい人と太りにくい人の違いはこの基礎代謝量の差にあると言ってもいいでしょう。


太りやすい人と言うのは基礎代謝量が低いため消費エネルギーが少なく、それほど食事量が多くなくても太ってしまう傾向にあります。反対に基礎代謝量が高い人はたくさんのエネルギーを自然に消費しているため、食事量が多くてもあまり太りません。つまり、基礎代謝を高めることで太りにくい体を作り、ダイエットを成功させることができるわけです。
では、基礎代謝はどのように高めればいいのでしょうか。答えは運動です。ダイエットを成功させるためには運動が必要不可欠だと言われていますが、これは食べ物で摂取したカロリーを消費するだけでなく、筋肉量を上げるためでもあるのです。
筋肉の量が多い人ほど基礎代謝量が上がることが分かっていますから、基礎代謝量が少ない人は、筋トレをすることで基礎代謝を上げることが可能です。筋肉がついて基礎代謝が上がれば、同じ食事内容でも太りにくく、また脂肪の燃焼効率もアップします。
筋トレはどこの部位でもいいわけではなく、なるべく大きな筋肉から鍛えるようにすると基礎代謝アップに有効です。特に背中やお尻の筋肉は大きく、鍛えることでボディラインが引き締まる効果もありますから、これらの部位を重点的に鍛えるとダイエット成功への近道となるでしょう。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!