ダイエットに失敗した経験を持つ人は多いですが、ダイエットは失敗を繰り返すほど痩せにくい体になります。失敗を繰り返さないためには、挫折の原因を知り、対策を取ることが有効です。


ダイエットがなかなか成功しない人に多いのが、停滞期でつまづいてしまうパターンです。ダイエット開始時は、誰しも強い意志を持ち、やる気がみなぎっています。この時期は多少のことでは挫折しませんし、ダイエット開始直後は比較的体重が落ちやすいため、モチベーションも上がりやすい時期だと言えるでしょう。
問題なのは、順調に進んでいたダイエットが停滞し始めた時です。マラソンでも、苦しい時ほど疲れを感じやすくなりますが、これはダイエットも同じです。順調に体重が減っている時は、ランナーズハイならぬダイエットハイとも呼べる状態で、ダイエットの成功に向かって一心不乱に努力することができます。
しかし停滞期に入って体重が減らなくなると、急にストレスを感じるようになり、モチベーションを保つのが難しくなります。停滞期はいつ抜け出せるのか分からないトンネルのようなものですから、強い意志がないと乗り切れません。停滞期の辛さに負けてしまうことで、ダイエットの成功を逃している人は非常に多いと言えるでしょう。
このような挫折を食い止めるには、停滞期にうまく気持ちを切り替えることと、自分を追い込みすぎないことが大切です。またストレスを上手に解消することで、停滞期の辛さを乗り越え、ダイエットを成功に導くことができるでしょう。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!