ダイエットに付き物なのが、停滞期です。ダイエットを成功させるためには、停滞期を乗り切ることが必要不可欠です。特に大幅な減量を目指す人ほど停滞期は避けて通れませんから、停滞期とできるだけうまく付き合うことがダイエット成功のコツと言えるでしょう。


停滞期の長さには個人差があり、1週間程度の停滞でまた体重が落ち始めることもあれば、停滞期間が1ヵ月にも及ぶ場合もあります。ダイエット中に体重の減少が停滞するとストレスを感じますから、停滞期が長びくほど精神的な負担も大きくなります。ただ、この期間にあまりストレスを溜めてしまうと、体重が落ち始めるまで待てずにドカ食いをしてしまうなど、ダイエットの挫折に繋がりかねません。
停滞期との付き合い方が、ダイエットの成功に大きく関わると言われるのはそのためです。この時期を過ぎると体重は再び減り始めますから、この時期をいかにやり過ごすかが成功のポイントと言えます。
そもそも停滞期とは何なのでしょうか。これは、体が体重の減少にストップをかけようとしている状態だと考えられています。体重が減り続ける状態に対して体が生命の危険を感じ、これ以上体重を減らさないように作用している状態が停滞期です。
この状態は永遠に続くわけではなく、時期が来れば体も体重の減少に対して危機感を感じなくなります。ただこの時期については個人差があるため、停滞期の長さは停滞期が始まってみなければ分からないわけです。
停滞期を乗り切るには、体重を気にし過ぎないのがコツです。この時期はダイエットの中休みだと考えて、リラックスすることに重点を置いてもいいかもしれません。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!