人は、血糖値が上昇するにつれて満腹感を覚え、逆に血糖値の減少によって空腹を感じるように作られています。高脂肪の食事をした後、少し経つと急に空腹を感じるのはこのためです。血糖値の急激な上がり下がりが胃の中で起こっているのです。


また、胃の中に食べ物がたくさん入っていると、満腹だと感じます。つまり、カロリーの高いものより低いものを多く取り入れてみると良いのです。
炭水化物と脂肪のカロリーを比較してみると、1gあたりのカロリーは、炭水化物:4kcalであるのに対し、脂肪分:9kcalとなっています。単純に考えると、脂肪の2倍分の炭水化物を取り入れることができるのです。高脂肪の食事よりも高炭水化物の食事の方が痩せられると言われているのはこのためです。
パステルゼリーは、この満腹感の原理を利用したダイエット食品です。バナナ味を例にして説明すると、1食分の脂質は0.15g、炭水化物は32.25gで、炭水化物が脂質より多く含まれていることが分かります。パステルゼリーでは、どの味を選んでもこの配合はほとんど変わりません。
また、パステルゼリーは牛乳で溶いて食べることが推奨されています。牛乳は水より栄養分を多く含んでいるので、使用者は更に満腹感を味わえることになります。
これらの方法によって、パステルゼリーは満腹感がすごいと評価されているのです。中には、パステルゼリー1食分を最後まで食べ切ることができなかったという利用者もいらっしゃるようです。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!