ダイエット食品を使うと、1つの味に固定されて飽きてしまうことが多く、そのことでストレスを感じてしまうことはよくあります。パステルゼリーには、このストレスを感じないようにする工夫が取り入れられています。


パステルゼリーには10種類の味があります。様々な味が用意されているので、その日の気分によって、好きな味を選ぶことができます。
パステルゼリーは味を選択できるだけではありません。ゼリーのぷるるん感に飽きたときには、食感も変えて楽しむことができるのです。
暑い季節にお勧めな食べ方は、牛乳を通常より約70g多く入れて、凍らせて食べる方法です。アイスのように食べられるのでゼリーとはまた違った食感を楽しめるでしょう。この場合のカロリーは約272kcalとなり、通常のパステルゼリーのカロリーは220kcalなので、約50kcal高くなります。
牛乳を豆乳に変えてパステルゼリーを溶くという方法もあります。豆乳は牛乳よりカロリーが低く、たんぱく質を多く摂取できるので、ダイエットの強い味方です。豆乳100gとヨーグルト50gで溶くと、通常のパステルゼリーより5kcal低く、ブルーベリージャム20gを足して甘さを楽しんでも、通常のパステルゼリーより27kcal高くなるだけです。
視覚的に楽しむ意味で、パステルゼリーをパフェのようにして食べるというのも良いかもしれません。その場合は、先ほどと同じように、豆乳100gとヨーグルト50gでゼリーを溶いて、通常よりカロリーを抑えます。そしてコーンフレークや干しブドウと一緒にパフェのように盛り付ければ出来上がりで、通常のパステルゼリーのカロリーよりたった36kcalしか高くなりません。
このようなアレンジレシピがパステルゼリー公式ページに紹介されています。味の種類だけでなく、食感や食べ方も変えられると、飽きずに楽しみながらダイエットが続けられそうです。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!