赤ちゃんの出産後は太りやすくなってしまうため、産後ダイエットを取り入れるといった方が多くいらっしゃいます。もちろん、このように産後ダイエットを始めることは大切ですが、母親の役目となる「授乳」を行うことでもダイエット効果が期待出来るのです。


ですから、母乳育児が可能だという方は、出来るだけ母乳での子育てを行うようにしましょう。このように母乳育児を行うことによって、母親の体は自然と元の体型へ戻ろうとします。
母乳をあげている母親の子宮は収縮が促進され、赤ちゃんが母親のおっぱいを吸うことによって「プロラクチン」というホルモンが分泌されます。このプロラクチンというのは、母乳を作るのに必要なホルモンで、子宮の収縮を促す働きも担っています。
このようにして子宮の収縮が促進されることによって、産後のポッコリお腹も解消されやすくなります。また、母親が赤ちゃんに母乳を与える際には、700キロカロリーもの消費カロリーがあるとされています。
例えば、ジョギングなどのダイエット運動でこれだけのカロリーを消費しようとすれば、1時間以上の運動をしなければなりません。そう考えると、母乳育児がいかに効率良くカロリー消費出来るかが理解出来るでしょう。
このようなことから、母乳育児を行いながら産後ダイエットを取り入れることで、非常に効率良く出産前の体型へと戻すことが出来るわけです。またそれだけではなく、母乳には赤ちゃんの免疫力を高める効果もありますので、出来るだけ母乳を与えることが重要だということを覚えておきましょう。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!