産後ダイエットを本格的に始める前に、「産褥体操」を取り入れてみるのも良いでしょう。産褥体操というのは、出産後に子宮が収縮するとされる産褥期に行うことで、ダイエット効果が期待出来るというものです。


さらに、骨盤の引き締め効果や母乳の出が良くなる効果などもありますので、出産後は産褥体操を実践してみるようにしましょう。それではここで、具体的な産褥体操のやり方について紹介しておきましょう。
産褥体操は産後1日目から始めても大丈夫ですが、人によっては出産による体力消耗が激しい方もいらっしゃるでしょうから、無理をせず行うことが大切です。まず産後1日目の運動は、ベットに横になったまま足をゆっくり動かすといった体操を行います。
足のつま先や膝などを立てたり曲げたりする、簡単な運動を中心に行いましょう。その際には、腹式呼吸を取り入れて運動することが大切です。
次に、産後2日目には頭や首の体操を開始し、3日目には手や腕などを動かす体操を取り入れていくと良いでしょう。このように徐々に体を慣らしていく形で産褥体操を進めていくことが、効果的なダイエットへと繋がっていくのです。
そして、産後1~3日である程度体の筋肉がほぐれたら、4日目以降は骨盤を中心とした体操へと入っていきます。上半身をねじるような体操や、寝転んだ状態で足を上げたり背中を浮かせたりする体操が効果的です。
また、産褥体操はダイエットだけでなく子宮の回復や血栓症、静脈瘤の予防にも効果があります。ですから、産後は積極的に産褥体操を取り入れてみるようにしましょう。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!