クラシック音楽を聴くと脳がリラックスしてα波が活発になると言われています。大脳皮質は、脳細胞の中でもストレスを感じやすい部分ですが、クラシック音楽を聴くことで癒されているからです。


食事の時間にクラシック聴けば、大脳が癒されα波が活発になり、ストレスが解消されていきます。脳がリラックスすると血中にあるアドレナリンやコルチゾールが減少して逆に、リラックス効果のあるエンドルフィンが増えていきます。
脳がリラックスすると自律神経が整ってくるので、体調が良くなり、不安やイライラが解消されて、食欲も抑えられます。ダイエット効果を考えたら、自律神経を整えて、リラックスすることが大切です。
聴覚から食欲を抑えるなら、まずクラシック音楽が最も効果的です。気分を落ち着けて食事をすれば、料理を味わいながら楽しむことができるので、食べたものを効率よくエネルギーとして消費することができます。
スローテンポの音楽を聴きながら食事をすると、空腹感が増してきます。反対にアップテンポなロック系の音楽や、ヒップホップなどダンス系の音楽を聴きながら食事をすると、食欲を抑える効果があります。
しかしながら、好みの音楽は人それぞれ違うので、リラックスできるかどうかも違ってくるでしょう。要するに、好きな音楽を聴きながら食事をすれば、食欲を抑えることができるということです。食事の前後は、できるだけリラックスタイムを作るようにしましょう。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!