ダイエットがなかなか上手くいかない方は、体質改善を兼ねて漢方薬を取り入れてみませんか。
急激な減量効果は期待できませんが、漢方薬を摂取すれば、徐々に食欲を抑えることに繋がり、太らない体質に変えて行けます。
漢方薬には生薬が使われるので、体質改善が期待できるだけでなく、副作用の心配もほとんどありません。
特に自律神経を整える大柴胡湯や、体内の水分を正常に戻す防風通聖散と防已黄耆湯、内臓の機能性を高める柴胡加竜骨牡蛎湯などは、ダイエットに効果があると言われています。
最近はダイエットのために、漢方薬をすすめるクリニックが多くなりました。
特にウィイイン、甘草、スクチファンは食欲を抑える漢方薬として人気があります。
クリニックが苦手と言う方は、漢方専門の薬局やドラッグストアの専門コーナーでも相談にのってもらえます。
漢方薬を服用しながらダイエットをする場合、食欲を抑え過ぎるのは良くありません。
必要なカロリーまで制限してしまうと、逆に体脂肪を増やしてしまう恐れがあります。
食べたものをエネルギーに変えて消費するために必要なエネルギーを確保することが大切です。
要するに、1日に必要なエネルギーをきちんと摂取して、熱量として消費すれば、体脂肪が付かない体質になります。
漢方薬を取り入れて、太らない体質作りをする場合も、必要以上に食欲を抑えることはやめましょう。
栄養バランスを考えながら漢方薬を併用すれば、さらにダイエットの効果が期待できるでしょう。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!