チョコレートはカカオの成分が豊富ですから、食べるとすぐに血糖値が上昇します。食欲を抑えることができない時に、チョコレートを食べれば、すぐに満腹感を得ることができます。チョコレート食べて、ダイエットをしましょう。


カカオ成分が70%にもなるので、食べる量を制限する必要があります。1日に食べる量は、50グラム程度を目安にしましょう。
チョコレートに含まれるカカオマスはポリフェノールをたっぷり含んでいるので、動脈硬化の原因になる悪玉コレステロールを減らす効果があります。チョコレートは太るというイメージがありましたが、最近ではむしろ、ダイエット効く食べ物として注目されています。
特にカカオバターの成分になるオレイン酸やカカオ豆のテオブロミンが、血中のコレステロールを減少させるだけでなく、食欲を抑える作用があるためダイエットにも効果があります。肥満気味の方がチョコレートを食べれば、血中の脂肪が少なくなるので、カロリーの消費量が増え、体脂肪を落とす効果が期待されます。
チョコレート含まれるカカオ豆の成分が栄養バランスを保つので、健康的なダイエットができると言われます。タンパク質、アミノ酸、炭水化物、食物繊維、カルシウム、マグネシウム、亜鉛など体の機能をコントロールする栄養素もたっぷり含まれているので、栄養不良を引き起こす心配がありません。間食や過食を控えたいとおもったら、チョコレートを適宜に食べて食欲を抑えるようにすれば、効率よくダイエットができるのではないでしょうか。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!