男性と女性を比較した場合、どちらかと言えば、女性の方が食欲が強いといわれています。これは、男女の中枢機能に違いがあるからです。女性の場合は、食欲中枢や摂食中枢の機能性が強いので、男性よりも食に関する欲求が強くなります。


それに反して、男性は、性欲中枢の機能性が強く、女性に比べると、食欲が劣る傾向にあります。女性は、新しいスイーツや新装開店のレストランなどに注目していますが、男性は、それほど気になりません。男性は、どちらかと言えば、新装開店の風俗などに興味をもつことが多いようです。
ですから、女性と男性がデートをしても、感覚の違いから上手く行かないこともあります。女性は、有名レストランや予約の難しい飲食店で、美味しい料理やデザートを食べたいと思っているのに、男性はそれほど、食事をすることに熱心ではありません。できるだけ簡単に済ませようと考えることが多いのではないでしょうか。
男性と女性は食に関する感覚が違うので、心のすれ違いとか、性格の不一致などと言う結果に終わることも考えられます。女性は美味しい食事を前にして食べたい気持ちを抑えることができない場合が多いのですが、男性はそれほどでもありません。
ダイエット中も、女性はどうしても食欲を抑えることができずにギブアップすることが多いのですが、男性は食事よりもお酒やタバコの誘惑を抑えることができない場合が多いようです。ダイエットで挫折する理由も男女間に違いが見られます。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!