ダイエット効果を期待し過ぎると体重の増減ばかり気にして、いつも食欲を抑えることばかり考えるようになります。このような状態が長く続くと、食物を摂取できない体質になってしまいます。いわゆる拒食症や摂食障害は、良識のある真面目な女性に多いのが特徴です。


拒食症は、本人も気づかないうちに重症化してしまうので注意が必要です。太ってもいないのに、太りすぎと思うようになり、極度に食欲を抑えるようになります。
症状が悪化すると精神面でも不安定になり、不眠性や神経症などを引き起こす恐れがあります。さらに拒食症が重症化すると不整脈で死亡することもあると言われています。
拒食症は過食した後に全部吐き出してしまうので、いつも空腹で栄養不良を起こしやすくなります。さらに、食事を取らないのに、たくさんの食材を買い込んで、手料理を作リ過ぎたり、矛盾した行動をとるようになります。食べたい物を見た目で楽しめば、空腹を満たすことができると思っているからでしょう。
極度に痩せてしまうと電解質と水分がアンバランスになるので、脱水症状を起こす危険性があります。食べたくても食べられない症状が続くと最終的に体の機能性が衰弱して、最悪の場合は心肺停止状態になってしまいます。
ダイエット効果を急ぐと、無理に食欲を抑えるので、過食症や摂食障害を引き起こす恐れがあります。体重を減らすことだけにとらわれず、効率的に体脂肪を燃焼することが大切です。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!