料理を盛り付ける食器の効果で食欲を抑えることができます。味気ないプラスティックの食器やメラミン樹脂のおわんなどで食事をしても、食が進みません。学校給食なら耐久性があるので問題ないのですが、入院患者さんの食事用には、あまり好感が持てません。


視覚から感じる食欲もあります。とても素敵な食器に盛り付けた料理は、思わず食べたくなります。味そのものはわかりませんが、見た瞬間に美味しそうと感じてしまうからです。盛り付けや器を変えるだけで、食欲を抑えることができます。
お腹が空いている時に、プラスティックやメラミンの食器を使えば、美味しそうなだと思う感覚が少なくなるので、食欲を抑える効果があります。そのほか、小さめの食器に盛り付ければ、たくさん食べたような感覚になるので、食べすぎをなくす効果があります。大き目の食器にばかり盛り付けると、食べる量を制限できなくなるので、ついつい食べすぎになってしまいます。
最初は、空腹感があるかも知れませんが、小さめの食器に盛り付けて食べれば、自然に食べる量を減らすことができます。急激に食べる量を減らすと、空腹からストレスになってしまうこともあるので、これまで食べていた量から20%くらいを目安に減らした方がいいでしょう。
大き目の食器から小さめの食器に替えて、盛り付けを工夫すれば、いつの間にか食べる量が減って、胃の大きさも小さくなります。視覚から食べる量を減らせば、無理なダイエットに励まなくても大丈夫です。

加圧ダイエットインナー@中年太りメンズに効果あるランキング!